PR

 東京急行電鉄とイッツ・コミュニケーションズは2013年10月11日、東横線旧渋谷駅などの秘蔵映像を収めたDVDと、東急線の運転席からの車窓風景を収録したDVDをパッケージにした商品を11月下旬に発売すると発表した。

 東横線旧渋谷駅などの秘蔵映像を収めたDVDである「SHIBUYADAYS 東急東横線 旧渋谷駅メモリアルDVD」には、85年の歴史に幕を下ろした東横線旧渋谷駅の初電から終電までの運行の様子や、イッツコムのコミュニティーチャンネルで放送した相互直通運転特別番組などが収録されている。3月15日深夜に行われた渋谷~代官山間地下化切り替え工事を追った映像や、東横線旧渋谷駅や旧東急百貨店東横店東館の解体工事の内部の様子、東急電鉄が進める渋谷駅周辺再開発の紹介メッセージなども閲覧できる。

 もう一つのDVD「GO! GO! 東急線」には、東急線各線の運転席からの車窓風景を収録した。「東横線+田園都市線Ver.」と、「大井町・目黒・多摩川・池上線Ver.」の2種類を用意した。

 各バージョンをそれぞれ「SHIBUYADAYS 東急東横線 旧渋谷駅メモリアルDVD」や解説ブックレットなどの限定特典と組み合わせて、別々のパッケージ商品として販売する。販売価格は各8400円である。

 東急電鉄とイッツコムは、東急電鉄が長年開発してきた渋谷の街の歴史を記録に残していくと同時に、今後も新しい渋谷への期待感を高められるような情報やメッセージを発信する方針である。

[発表資料へ]