PR
「Windows Phone 8 Update 3」の画面例
「Windows Phone 8 Update 3」の画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2013年10月14日、モバイルプラットフォーム「Windows Phone 8」の最新版「Update 3」を発表した。より大きい高解像度スクリーンをサポートする。今後数カ月で既存の端末に配信する。

 Update 3は、画面サイズが5~6インチのHD(1080p)タッチスクリーンに対応。大型スクリーンの場合、従来、最大4個だったスタート画面のライブタイルを最大6個表示できる。

 新機能「Driving Mode」は、運転中のユーザーの気を散らさないようする。ロック画面上に表示する通知を制限し、通話やメッセージの着信に対して自動応答できるようにした。

 インスタントメッセージ、電子メール、ボイスメール、リマインダーなど、カスタムな着信音の設定対象を拡充。これにより、送ってきた相手によって異なる着信音を設定可能になった。

 そのほか、米Qualcommの「Snapdragon 800」クアッドコアプロセッサをサポート。画面の方向を固定する回転ロックオプションを追加した。視覚に障害があるユーザーに対するアクセシビリティ機能の強化も図った。

 また同社は、開発者向けプレビュープログラム「Windows Phone Preview for Developers」を同日開始した。アプリケーション開発者は、最新Windows Phoneにおける自社アプリケーションの動作を確認できる。

 同プログラムに参加するには、「Windows Phone SDK 8.0」の「Windows Phone Developer Registration」に端末を登録して開発用のロックを解除するか、「Windows Phone App Studio」あるいは「Windows Phone Store」に開発者登録している必要がある。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]