PR

 日本IBMは2013年10月15日、Hadoop基盤を導入済みのビッグデータ処理アプライアンス「PureData System for Hadoop H1001」の国内出荷を始めたと発表した。加えて、Netezza技術を実装した「PureData System for Analytics」のラインアップを拡充し、小規模構成のエントリー機「N2002-002」の出荷を10月18日に始める。

 Hadoop基盤を自ら構築する手間が省ける専用機や、価格帯を引き下げたNetezzaエントリー機の投入で、ビッグデータ分析システムの顧客層を広げたい考えだ。

 「PureData System for Hadoop」は、テキストや画像といった非構造化データの解析に向く。米IBMが開発したHadoop基盤ソフト「InfoSphere BigInsights」を実装済みで、ANSI準拠のSQLでデータを扱えるほか、表計算ソフトのようなUIでデータを閲覧・編集できる機能がある。18台のデータノードと2台のマスターノードを備える。価格は7000万円前後である。

 「PureData System for Analytics N2002-002」は、2013年2月に発表した上位モデルの構成を縮小させた低価格モデル。従来の上位モデルの価格が1億5000万円ほどだったのに対し、N2002-002は6000万円前後に抑えた。