PR
写真●Data APIとChart APIを使ったサンプルWebアプリ「Loupe」の画面
写真●Data APIとChart APIを使ったサンプルWebアプリ「Loupe」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 シックス・アパートは2013年10月17日、CMS(Webコンテンツ管理システム)ソフトの新版「Movable Type 6」と、同ソフトのSaaS版「Movable Typeクラウド版」を提供開始した。製品自体は2013年7月に発表済みで、これまでベータ版を提供してきた(関連記事:シックス・アパート、REST APIを追加したCMS新版「Movable Type 6」を販売)。今回、製品版の提供を開始した。

 今回の新版の特徴は、大きく二つある。一つは、機能面の拡張である。投稿などの操作ができるREST APIやグラフ描画ライブラリーを用意した。もう一つは、ライセンス体系の変更である。これまで提供してきた「ユーザー数限定版」(5ユーザー)を廃止し、「ユーザー数無制限版」のみとした(価格は5%税込みで、1サーバー当たり9万4500円。SaaS版は月額9975円)。

 機能面の拡張では、投稿などの操作のためのWeb APIとして、既存のXML-RPCやAtom APIに加えて、新たにJSON形式によるREST方式のWeb API「Data API」を搭載。さらに、グラフ描画用のJavaScriptライブラリー「Chart API」を用意し、Movable Type 6のデータを簡単に描画できるようにした。これら二つのAPIを使ったWebアプリケーションのサンプル「Loupe」(写真)も同梱している。これを使うと、モバイル端末のWebブラウザーから記事公開の承認などができる。