PR

 NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:板東浩二氏)は2013年10月21日、ひかりTVの現状と今後の事業展開に関する説明会を開催した。

 説明によると、ひかりTVの会員数は2013年9月末時点で263万となり、2013年度上期(6カ月間)で18万増えた。ただし、その前までは連続して半期で20万以上の増加を続けてきたので、以前に比べると増加ペースは少し落ち始めている。フレッツの純増数の停滞が原因といい、今後はスマートフォンやパソコンユーザーを取り込んでいくことが課題という。

 こうした中、この日の説明会では、2013年度に取り組む10項目を具体的に提示して説明した(1~5がコンテンツ拡充、6~10がマルチデバイスの利用促進)。

(1)クリエーター支援を通じたコンテンツ制作スキームの展開
 ゲームクリエーター教育機関7校と連携し、学生が制作したゲームコンテンツを、NTTぷららが運営するクラウドゲームサービス「ひかりTVゲーム」で提供する。
 育成支援のスキームとして、マイクロ投資プラットフォームを運営するミュージックセキュリティーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:小松真実氏)と提携し、クラウド・ファンディングによってゲームの商用化を図る。
 ひかりTVゲームは、日本初のテレビ向けクラウドゲームサービスとして、2013年6月に提供を開始した。現在30タイトル以上のゲームを月額525円で遊び放題として提供している
 なお、クリエーター支援の対象については、将来的に映像コンテンツや音楽など、さまざまな商品開発のクリエーターにも拡大し、このスキームを展開していく予定。

(2)NHKワールドテレビの全国ネットによる放送開始
 2013年11月4日に放送を開始する。これにより、NTT東西のフレッツ光が利用できる全国各地でNHKワールドTVの番組を自宅のテレビからハイビジョンで視聴できる。

(3)4K配信のVODトライアル
 ひかりTVによる4Kコンテンツとして制作に取り組んでいる「下町ボブスレー」は、順調に撮影が進行中といい、トライアルで使用するチューナーの開発に着手していることを報告した。予定では、4K配信のVODトライアルを、フレッツ光ネクスト上で2014年2月に実施する。H.265/60Pで提供する予定で、配信の帯域は30Mbps程度を想定する。なお2014年7月頃には、4K-IP放送(IPマルチキャスト)のトライアルを予定する。
 この日は、デモで2K(いわゆる飛び越し走査のハイビジョン映像)、4K(30P)、4K(60P)の比較デモを実施していた。

(4)ひかりTV初のオリジナルドラマの提供
 関連記事を参照

(5)AKB48グループドラフト会議の完全生中継
 11月10日に開催される同会議のもようを、完全生中継。11日からは、ドラフト会議の模様や候補者のドキュメンタリーをVODで放送する。