PR
VersaPro UltraLite タイプVG
VersaPro UltraLite タイプVG
[画像のクリックで拡大表示]
Ultrabook「VersaPro UltraLite タイプVG
Ultrabook「VersaPro UltraLite タイプVG
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは2013年10月23日、法人向けノートパソコン「VersaPro」とデスクトップパソコン「Mate」の新製品を発売した。世界最軽量をうたった13.3型モバイルノートおよびUltrabook「VersaPro UltraLite タイプVG」2モデル、事務机に収納可能な13.3型モバイルノート「VersaPro UltraLite タイプVC」など、12機種33モデルをラインアップした。

 VersaPro UltraLite タイプVGは、解像度WQHD(2560×1440ドット)IGZO液晶を搭載したモバイルノートと、タッチパネル付きフルHD(1920×1080ドット)IPS液晶を搭載したUltrabookの2モデルを用意。両モデルとも、同ジャンルの製品で世界最軽量という。液晶以外の仕様は同じで、CPUに第4世代Core i5-4200Uを搭載する。

 モバイルノートは、約9.2時間のバッテリー駆動が可能。本体寸法は幅319×奥行き217×高さ14.9mm、重さは約795g。希望小売価格は33万8100円から。Ultrabookは、約14.5時間のバッテリー駆動が可能。本体寸法は幅319×奥行き217×高さ15.9mm、重さは約964g。同38万8500円から。

 VersaPro UltraLite タイプVCは、収納に便利なA4クリアファイルサイズのモバイルノート。CPUに第4世代Core i5-4300Mを搭載。液晶解像度はHD+(1600×900ドット)。満員電車を想定した150kgfの面加圧試験をクリアした設計。バッテリー駆動時間は約7.1時間。本体寸法は幅316×奥行き229×高さ29.8mm、重さは約1.24kg。同26万400円から。

 このほかの機種は、いずれもCPUの変更などでパフォーマンスを向上した。VersaProは、15.6型の「タイプVD」(同18万4275円から)と「タイプVX」(同15万3825円から)、「タイプVA」(同14万3325円から)、12.5型タブレットPC「タイプVZ」(同19万2675円から)、SOHO・中小企業向け15.6型「タイプVL」と「タイプVF」(いずれもオープン価格)。

 Mateはスリムタワー型「タイプME」(同16万650円から)と「タイプMB」(同13万1250円から)、液晶一体型「タイプMG」(同22万6800円から)、SOHO・中小企業向けスリムタワー「タイプML」(オープン価格)。

 全機種とも、OSはWindows 8.1 Proを搭載する。ダウングレード権を用いてWindows 7 Professionalをプリインストールすることも可能。