PR
写真●iOSの最新アップデート「iOS 7.0.3」
写真●iOSの最新アップデート「iOS 7.0.3」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2013年10月22日、モバイルOS「iOS 7」の最新アップデート「iOS 7.0.3」を公開した。一部で苦情が出ていた視差効果やアニメーションの問題に対応し、セキュリティ関連機能などを強化したほか、複数のバグを修正した。

 iOS 7は9月18日に公開されて以降、スクリーンに奥行き感を出す視差効果やズームのアニメーションにより、吐き気や頭痛がするなど乗り物酔いに似た症状を一部のユーザーが訴えていた。最新アップデートではこれに対処するために、「Reduce Motion」設定を拡張し、モーションとアニメーションの両方を最小化できるようにした。

 新たに追加された「iCloud Keychain」機能は、承認済みデバイス間でアカウント名、パスワード、クレジットカード番号を同期する。「Password Generator」機能は、「Safari」ブラウザーでオンラインアカウントを作成する際、推測されにくいパスワードを提案する。

 また、「Spotlight」検索からWebやオンライン辞典「Wikipedia」を検索できる機能を復活させた。

 そのほか、ロック画面のパスコードを迂回できる問題、メッセージングサービス「iMessage」の送信に関する問題、加速度センサーでずれが生じる不具合、音声アシスタント「Siri」と読み上げ機能「VoiceOver」で低品質の音声が使われる問題などを修正している。

[発表資料へ]