PR
写真1●日本マイクロソフトの樋口泰行社長(左)と、米マイクロソフトのブライアン・ホール氏(右)
写真1●日本マイクロソフトの樋口泰行社長(左)と、米マイクロソフトのブライアン・ホール氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Surface 2とSurface Pro 2の製品構成と価格の一覧
写真2●Surface 2とSurface Pro 2の製品構成と価格の一覧
[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフトは2013年10月24日、独自タブレット「Surface」の第2世代となる「Surface 2」「Surface Pro 2」を国内向けにに10月25日から発売すると発表。法人向けには11月1日より発売する。

 同日に都内で開催した発表会では、日本マイクロソフトの樋口泰行社長(写真)が登壇。「第1世代は発売が遅かったが、今回は米国から3日遅れで発売できた。第2世代の登場でPCかタブレットのどちらを買うか迷う必要は無く、これ1台で済む」と語った。

 採用OSはSurface 2がWindows RT 8.1、Surface Pro 2がWindows 8.1 Pro。CPUはSurface 2がTegra 4、Surface Pro 2がCore i5-4200Uを搭載している。ディスプレイはどちらも10.6型で解像度は1920×1080ドットだ。画面の角度を調整できるスタンドは、角度を24度と40度の2段階に調整できるようになった。バッテリー駆動時間はSurface 2が従来の最大8時間から最大10時間に延びた。Surface Pro 2も従来より75%長くしている。

 価格はSurface 2が4万4800円から、Surface Pro 2が9万9800円から(写真2)。Surface 2はOutlookを含むOffice Home and Business 2013 RTをプリインストールしている。一方、Surface Pro 2の法人向けはOfficeが付属しない。これは、一般の個人向けより安価で購入できる「ボリューム・ライセンス」で提供しているためだ。なお、法人向けは大塚商会や富士ソフトなど、6社の認定リセラーおよび関連会社からの販売となる。樋口社長は「今後、認定リセラーを拡大していく。準備が整い次第、発表する」と述べた。

 発表会では、Surfaceのセールスおよびマーケティングを担当する、米マイクロソフト ジェネラルマネージャーのブライアン・ホール氏も登壇した。SurfaceがOfficeを利用できる点や、Windowsに対応するプリンターとの連携機能について触れ、Windows以外のタブレットとの違いを強調。「仕事だけでなくあらゆる創作活動において、最も生産性を発揮できるタブレットだ」とアピールした。