PR

 日本マイクロソフトは2013年10月25日、都内のビックカメラとヨドバシカメラの店舗で、同日発売の第2世代タブレット「Surface 2」の発売記念イベントを開催した。

 日本マイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏は、ビックカメラ有楽町店を訪れ、前日発表したばかりのSurface 2を報道関係者に披露。「昨日からの予約販売や、発売日の午前中から、販売は好調と聞いている」(樋口氏)として、滑り出しの好調さをアピールした。

 ビックカメラでは販売スタッフのトレーニングを重視しており、マイクロソフト製品についてのトレーニングを受けた有資格者が全店で1000人以上在籍するという。さらにビックカメラの12店舗では売場の中に「Windowsエリア」を確保し、SurfaceをはじめとするWindows関連製品を陳列する計画があるという(写真1)。

写真1●ビックカメラ有楽町店1階にSurface 2の売場を設置
写真1●ビックカメラ有楽町店1階にSurface 2の売場を設置
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●5階のPC売場にもSurface 2やSurface Pro 2の本体、アクセサリが並んだ
写真2●5階のPC売場にもSurface 2やSurface Pro 2の本体、アクセサリが並んだ
[画像のクリックで拡大表示]

 ビックカメラ有楽町店では、5階のPC売場(写真2)だけでなく、1階の携帯電話売場近くにもSurface 2を展示。特に1階の売場は、JR有楽町駅側の入り口からエスカレーターへと向かう動線上にあり、最も人通りが多い一角となる。

 Surface 2の販売目標について樋口氏は「具体的な台数は公表できないが、かなり高い期待をしている。iPadなどと比べてもできることが多く、投資対効果の高いタブレットだと考えている」と説明。売場の向かいにあるアップル製品コーナーで予約受付中となっている「iPad Air」をけん制した。