PR
MasterCard PayPassの決済端末。加盟店は世界約50カ国の120万カ所まで広がっている
MasterCard PayPassの決済端末。加盟店は世界約50カ国の120万カ所まで広がっている
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモと米MasterCardは2013年10月29日、ドコモの携帯電話を使った非接触クレジットサービス「iD(アイディ)」を、海外の非接触クレジットサービス「MasterCard PayPass(ペイパス)」の加盟店で使えるようにすると発表した。日本のiD利用者が海外でも気軽にクレジット決済を利用でき、国際ブランドのプラスチックカードと同レベルの利便性を享受できるようにする。提供開始日は2014年2月5日。

 利用には、NTTドコモのNFC機能(FeliCa+TypeA/B)を搭載したおサイフケータイ対応スマートフォンが必要。対応スマホにインストールした「iDアプリ」で簡単な設定をしておけば、海外のMasterCard PayPass加盟店で、スマホを読み取り機(リーダー/ライター)にかざすだけで決済が完了する。日本国内の約50万台のiD利用可能箇所に加え、世界約50カ国にある約120万カ所のPayPass加盟店でも決済が利用できるようになる。

 米MasterCardは2012年10月にNTTドコモと提携しており、以前からPayPass加盟店でiDを利用可能にする意向を表明していた(関連記事)。

[NTTドコモの発表資料]