PR
写真●PernixData FVPの概念図(出典:ネットワールド)
写真●PernixData FVPの概念図(出典:ネットワールド)
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットワールドは2013年10月31日、VMware環境のストレージ性能をキャッシュを使って高めるソフト「PernixData FVP」(写真)を発表した。11月6日に販売を開始し、2013年内の出荷を予定する。複数のVMwareホスト(ESXi)にまたがったディスクキャッシュの層を、サーバー内蔵のフラッシュストレージで形成する。価格(税別)は、VMwareホスト1台当たり90万円。開発会社は、米PernixData。

 PernixData FVPは、サーバーに内蔵したフラッシュストレージ(PCIe接続またはSSD)を外部ストレージ(iSCSI/FC)のキャッシュとして利用できるようにするソフトである。読み込み時と書き込み時の両方でキャッシュとして機能する。サーバー仮想化ソフト(VMware vSphere 5のESXi)にカーネルモジュールとしてインストールして使う。これにより、仮想サーバーのストレージI/O性能が高まる。「アプリケーションの遅延時間がミリ秒からマイクロ秒単位に減少する」(同社)という。キャッシュを使うかどうかは個々の仮想サーバーごとに設定できる。

 特徴は、PernixData FVPを導入した複数台のVMwareホスト(ESXi)をクラスター構成で利用することで、キャッシュを共有プール化できることである。クラスター構成によるメリットは大きく二つある。まず、キャッシュ容量が拡張されるので、ストレージI/O性能が高まる。さらに、書き込み時には、複数のVMwareホストに対してキャッシュデータを冗長化して保存できるので、可用性が高まる。

 書き込み時の振る舞いとしては、外部ストレージにデータを書き込んでから書き込み完了を通知する低速なライトスルーモードと、ストレージに書き込む前に書き込み完了を通知する高速なライトバックモードの2種類を用意している。ライトバックモード時には、キャッシュデータの信頼性を高める手段として、クラスター内の複数のVMwareホストに対して同時にデータを書き込む。

 価格は、VMwareホストの台数に依存し、1ノード当たり90万円。また、中小企業向けに制約条件を付ける代わりに価格を下げたライセンスパッケージ「FVP SMB バンドル」も用意している。FVP SMB バンドルは、最大4ノード分のライセンスを含んで120万円(制約条件は、最大100仮想サーバー、ノード当たり最大1個のフラッシュストレージ、ノード当たり最大2個のCPU)。