PR
写真●PostgreSQL monitoring template for Zabbixを適用したZabbixの画面
写真●PostgreSQL monitoring template for Zabbixを適用したZabbixの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 SRA OSS日本支社とTISは2013年11月5日、PostgreSQLの稼働状況と性能を監視するためのZabbix用テンプレート「PostgreSQL monitoring template for Zabbix」(pg_monz、写真)をOSS(オープンソース)として公開したと発表した。これを使えば、PostgreSQLやZabbixに詳しくないユーザーでもPostgreSQLの運用監視が可能になるとしている。

 両社が今回テンプレートを開発したZabbixは、OSSのネットワーク/システム監視ソフト。リモートからのポート監視やSNMP監視のほか、エージェントを用いたプロセス監視ができる。しきい値によるアラート通知や、蓄積した監視データの動向分析などが可能。テンプレートのpg_monzは、ZabbixでPostgreSQLを監視できるようにする。

 pg_monzで監視可能な項目は、以下の通り。

  • 死活監視:接続確認、プロセス確認
  • ログ監視:エラーレベルによる監視
  • リソース監視:ディスク容量、CPU利用状況、メモリー利用状況、ディスク容量など
  • データベース監視:データベースサイズ、接続数
  • 性能監視:チェックポイント発生状況、キャッシュヒット率、デッドロックなど

 稼働環境は、PostgreSQLがバージョン9.2以上、Zabbixがバージョン2.0以上。導入時は、テンプレートをZabbixサーバーのWeb管理画面にインポートする。一方、監視対象サーバー上で稼働するZabbixエージェント用には、専用のパラメーター設定ファイルを用意した。また、Zabbixのディスカバリー機能を利用してデータベースやテーブルを自動検出するためのスクリプトを用意した。

[pg_monzのダウンロードページへ]