PR

 スカパーJSATは2013年11月7日、ベトナムのテレビ局である「VTC Digital Television Station」(VTC)と、J2リーグ戦(2013年シーズン)の放送権許諾契約について合意したと発表した。

 第41節の「FC岐阜 対 コンサドーレ札幌」(11月17日)と、第42節の「コンサドーレ札幌 対 ギラヴァンツ北九州」(11月24日)の合計2試合を放送する。J2リーグ戦がベトナムでテレビ放送されるのは初めてという。

 今回の放映権許諾契約の契約は、ベトナムから初めてJリーガーとなったレ コン ビン選手のコンサドーレ札幌への移籍を受けて行った。北海道観光振興機構 道央地域部会および北海道新聞社の協力の下で実現したという。

 スカパーJSATで放送予定のJリーグ中継映像に英語字幕を付加し、その映像をVTCに提供する。番組内では北海道を伝える映像を放送し、ベトナムの視聴者に魅力を伝える。

 スカパーJSATは今後もベトナムに向けたJリーグの試合の継続的な放送に向けて調整を行う。様々な日本国内の企業や自治体などと協力し、サッカー以外の日本に関する情報の伝達や商品の流通も推進する。

 このほかにも海外(特にアジア諸国)に向けた放送・コンテンツ展開を計画しており、「放送を軸とした日本に関する情報・商品の流通を推進し、海外におけるクールジャパンの普及を進めていきたい」としている。

[発表資料へ]

■変更履歴
記事中、試合の日付の一部に誤りがあったため、修正しました。[2013/11/08 10:31]