PR

 J.COTT(本社:東京都千代田区、代表取締役:遠藤昌男氏、ホームページ)は2013年11月11日、JAXAから提供されたソユーズ宇宙船打上げのライブ放送番組を、J.COTTの実証実験用IP-STBを使いIPライブ配信のトライアルとして11月7日に配信したと発表した。全国のケーブルテレビ事業者と連携展開する「COTT(ケーブルオーバーザトップ)」サービスにおけるIPリニア放送実現に向けた準備として取り組んだ。

 J.COTTはCOTTを、全国の各ケーブルテレビ局が各局独自の地域型「スマートTV=OTT」サービスを展開するための新しいサービススキームと位置づけている。J.COTTには東京ケーブルネットワーク、ジャパンケーブルキャスト、日宣、TCPの4社が出資する。J.COTTは現在実証実験を展開中で、ケーブルテレビ局約120社および関係者事業者・団体約80社に実証実験用IP-STB(COTT-BOX)を設置している(関連記事)。今回は、このIP-STB向けにIPライブ配信を行った。