PR
図●2013年第3四半期国内クライアントPC出荷台数 トップ5ベンダーシェアと対前年成長率(実績値) 出典:IDC Japan(2013年11月11日)
図●2013年第3四半期国内クライアントPC出荷台数 トップ5ベンダーシェアと対前年成長率(実績値) 出典:IDC Japan(2013年11月11日)
[画像のクリックで拡大表示]

 IDC Japanは2013年11月11日、2013年第3四半期(7月~9月)の国内クライアントPC市場の出荷実績値を発表した。クライアントPCの出荷台数は、2012年第1四半期(1月~3月)以来6四半期ぶりにプラス成長となった。

 家庭市場は前年同期比24.6%減の120万台で、6四半期連続で前年同期比減だった。一方のビジネス市場は、Windows XPサポート終了に伴う買い替え需要が大きく、同比21.3%増の259万台だった。ビジネス市場が家庭市場のマイナス分を補い、出荷台数の合計は379万台で同比1.7%増となった。

 ベンダーのシェアは、1位はNECレノボグループで、家庭市場は前年同期比23.6%減と不調だったが、ビジネス市場が同比15.6%増となり、全体では0.8%減と昨年並みの出荷台数だった。

 2位の富士通は、家庭市場が前年同期比14.4%減、ビジネス市場では同比18.1%増となり、全体では9.1%増だった。

 前期(2013年4月~6月)5位だった日本ヒューレット・パッカード(日本HP)が3位に順位を上げた。家庭市場では前年同期比45.8%減と厳しい結果だったが、ビジネス市場では同比29.4%増で、全体で16.6%増の2ケタ成長につながった。

 4位の東芝は、家庭市場で前年同期比29.5%減、ビジネス市場で同比14.6%増、全体では5.8%減となり、順位を1つ下げた。

 5位のデルは、家庭市場で前年同期比12.3%減、ビジネス市場で同比43.7%増、全体では33.8%増だった。上位5社の中で30%を超える成長率を達成したのはデルのみである。

 日本HPとデルは家庭市場での出荷台数が比較的少なく、ビジネス市場での好調がPC市場での躍進につながった。