PR

 日立ソリューションズは2013年11月18日、ソースコードの品質を分析してレポートするSIサービス「ソースコード分析サービス」を発表した。11月19日に開始する。最大の特徴は、ソースコードを開示/提供しなくても利用できること。対象言語はC/C++とJava。価格は個別見積もりだが、目安として1ステップ(1行)当たり3円(税別)。

 日立ソリューションズがユーザー企業のソースコードを分析し、結果をレポートにまとめて報告する。サービスの形で利用できるので、ユーザー企業はソースコード分析ツールの使い方を学んだり、自ら分析したりする必要がない。日立ソリューションズは、ソースコードを元に、クローンコード(類似のコード)の抽出、ロジックの複雑さの分析、静的解析による分析、これらを踏まえた総合的な分析---を実施する。

 最大の特徴は、ソースコードを日立ソリューションズに提供することなくサービスを利用できること。具体的には、ソースコードの代わりに、ソースコードのメトリクス情報(分析やレポート出力に必要な情報)を提出する仕組み。ソースコードからメトリクス情報を自動生成する専用ツール「メトリクス抽出ツール」を用意しているので、ユーザー企業はこれを使う。

 日立ソリューションズがソースコード分析サービスをメニュー化して広く販売するのは、今回が初めて(これまでは個別対応)。今回、ソースコード分析を機械化/自動化して整備し、さらにソースコードの提出を不要とするメトリクス抽出ツールを用意したことによって、SIサービスとしてメニュー化した形である。なお、ソースコード分析ツールのパッケージソフトとしては、Javaソースコードの品質検査ソフト「anyWarp CodeDirector」を販売している。