PR
写真●今回確認された標的型攻撃の概要(IPAの情報から引用)
写真●今回確認された標的型攻撃の概要(IPAの情報から引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 情報処理推進機構(IPA)は2013年11月20日、国内の企業や組織を狙った標的型攻撃が確認されたとして注意を呼びかけた。メールに添付されたOffice文書などを開くだけでウイルス(マルウエア)に感染する。この攻撃で悪用されるOfficeの脆弱性を修正するパッチ(セキュリティ更新プログラム)は未提供。このため、最新のパッチを適用しているユーザーでも被害に遭う恐れがある。