PR

 米Appleは、7.9型タブレットの第2世代モデル「iPad mini Retinaディスプレイモデル」について、2013年11月に約400万台を製造したと複数の海外メディアが現地時間11月27日までに伝えた。台湾のIT業界新聞DigiTimesによると、Appleが製造工場に出荷を依頼したiPad mini Retinaの台数は、昨年の同じ時期の初代モデルのそれを上回っており、供給不足は解消しつつあるという。