PR
写真1●楽々Framework3の画面(画面遷移を設計)
写真1●楽々Framework3の画面(画面遷移を設計)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●楽々Framework3の画面(統合開発環境のRakStudio)
写真2●楽々Framework3の画面(統合開発環境のRakStudio)
[画像のクリックで拡大表示]

 住友電工情報システムは2013年12月5日、業務アプリケーション開発/実行基盤ソフトの新版「楽々Framework3」を発表した。2014年4月頃に販売開始する予定。新版では、現行版「楽々Framework II」との上位互換性を保ったまま、開発の自由度や使い勝手を向上させた。ソフトウエア部品の適用範囲を広げたほか、操作性を高めた新たな統合開発環境を用意した。