PR

 米Googleと大手自動車メーカーおよび技術企業を含む合計6社は、自動車へのAndroid搭載促進を目指すアライアンス「Open Automotive Alliance(OAA)」の結成を現地時間2014年1月6日に発表した。自動車技術をすべての人にとってより安全かつ直感的なものにするための共通プラットフォームの構築に取り組むとしている。

 OAAの設立メンバーにはGoogleのほか、ドイツAudi、米General Motors、本田技研工業、韓国Hyundai Motor、米NVIDIAが名を連ねている。

 OAAの説明によると、同アライアンスは自動車における技術革新の推進を目的とする。Androidのオープンな開発モデルと共通のプラットフォームを活用することで、自動車メーカーがより容易に先進技術をドライバーに提供し、開発車が安全かつ拡張性の高い方法でドライバーおよび搭乗者の優れた体験を実現するための新たな機会を創出できるとしている。

 OAA参加メンバーは、自動車とAndroid搭載端末とのより高度な統合に向けて協力しているほか、自動車そのものを、ネットワーク接続されたAndroidデバイスとする新たな機能の開発にも取り組むという。

 メーカーによって投入のタイミングは異なるが、2014年末までにAndroidを統合した最初の自動車が登場すると、OAAは見込んでいる。

[発表資料へ]