PR

 レノボは2014年1月5日、米ラスベガスで開催される「2014 International CES」に先駆けて、フルHDの8.3インチWindowsタブレット「ThinkPad 8」を始めとする多数の新製品を発表した。

ThinkPad初の8.3インチWindowsタブレット「ThinkPad 8」

 「ThinkPad 8」は、ThinkPadシリーズ初となる8.3インチ・プレミアムクラスのWindows 8.1タブレット(写真1、写真2)。インテルの最新Atomプロセッサ「Bay Trail」を搭載する点では同社の「Miix 2 8」と同等だが、画面サイズは8.3インチに大型化し、画面解像度はフルHDに高密度化している点が特徴となる。

写真1●8.3インチ・フルHDのWindows 8.1タブレット「ThinkPad 8」
写真1●8.3インチ・フルHDのWindows 8.1タブレット「ThinkPad 8」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●従来の8インチWindowsタブレット同様、片手で持てる大きさとなる
写真2●従来の8インチWindowsタブレット同様、片手で持てる大きさとなる
[画像のクリックで拡大表示]

 オプションの「Quickshotカバー」を装着することで、カバーをめくるだけでカメラアプリを起動する機能に対応。キーボードのオプションも用意され、ThinkPad 8とドッキングして利用できる。

 プロセッサはIntel Atom Z3770(Bay Trail)2.4GHz、メモリは2GB(LPDDR3)、ストレージは最大128GBを搭載可能。ディスプレイは8.3インチのフルHD(1920×1200ドット)で、10点のマルチタッチ入力に対応する。インタフェースとしてMicroUSB 3.0ポート、MicroHDMIポート、MicroSDカードスロットに加え、ワイヤレスWAN対応モデルではMicroSIMカードスロットを搭載する。カメラはリアに800万画素、フロントに200万画素を搭載。バッテリー容量は20.5ワット時で、8時間の駆動に対応。外形寸法は132×224.3×8.8mm。重量はWi-Fiモデルが430g、ワイヤレスWANモデルでは439gとなる。

 価格は最小構成で399ドルから。1月後半より発売を予定する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い