PR

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2014年1月9日、同社のIaaSクラウドサービスの一つ「IIJ GIOコンポーネントサービス」を強化し、契約可能な仮想サーバーの最大スペックを拡張した。これまでの最大スペックと比べて、CPUコア性能を3倍に、メモリー容量を6倍に高めた。

 前提となるIIJ GIOコンポーネントサービスとは、仮想サーバー機を月額制で利用できるIaaS型サービスの一つであり、システム構成の自由度が高く業務システム構築に向いたメニューである。簡易版の「IIJ GIOホスティングパッケージ」と比べて、OSやシステム構成、監視サービスなどの選択肢の幅が広い。

 ベースとなる仮想サーバーのほかに、ストレージ(SAN、NAS、バックアップ)、ネットワーク機能(負荷分散装置、ファイアウォール、WAFなど)、各種のRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)など、あらかじめ用意されたコンポーネント群を自由に組み合わせて利用できる。

 今回、ベースとなる仮想サーバー「ベースサーバVシリーズ」を、後継となる「ベースサーバVシリーズG2」へとアップグレードした。従来の最上位グレード「V80」(CPU性能指標は8ICU、1ICUは0.5コアに相当)を超える、より上位グレードの仮想サーバーを用意した。新たに最上位グレードとなった「V240/G2」は、CPU性能指標が従来の3倍の24ICUに、メモリー容量が従来の6倍の48Gバイトになった。

 既存メニューについても、搭載メモリー量を2倍に増やした。例えば、CPU性能指標が1ICUの最下位グレード「V10/G2」は、メモリーを1Gバイトから2Gバイトに増強、これまで最上位グレードだった「V80/G2」は、メモリーを8Gバイトから16Gバイトに増強した。また、サーバー当たりのディスク容量も、全グレードを通じて従来の30Gバイトから40Gバイトへと増やした()。

表●IIJ GIOコンポーネントサービスのスペックと料金(価格は税別)
CPU性能指標(ICU)は、24ICU=6コア×2相当
グレードV10/G2V20/G2V40/G2V80/G2V120/G2V160/G2V240/G2
CPU性能(ICU)1248121624
メモリー容量2GB4GB8GB16GB24GB32GB48GB
ディスク容量40GB
稼働OSWindows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2
月額料金9000円1万4000円2万4000円3万5500円5万1000円6万8000円9万円