PR

 スカパーJSATは2014年1月10日、通信衛星「JCSAT-14」の打ち上げロケットの調達契約をスペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ社(SpaceX社)と締結したと発表した。

 JCSAT-14の打ち上げは2015年下期を予定する。搭載するトランスポンダ(電波中継器)は合計44本(Kuバンド用が18本、Cバンド用が26本)で、日本全域をはじめとするアジアやオセアニア、ロシア、そのほかの太平洋地域をカバーする。衛星寿命は15年以上という。

 東経154度の静止軌道で運用中の衛星「JCSAT-2A」の後継機という位置付けである。JCSAT-2Aは現在、通信やPCM 音声放送に利用されている。

[発表資料へ]