PR
ポータブルルーター「AtermW500P」
ポータブルルーター「AtermW500P」
[画像のクリックで拡大表示]
ホームルーター「AtermWF1200HP」
ホームルーター「AtermWF1200HP」
[画像のクリックで拡大表示]

 NECとNECアクセステクニカは2014年1月14日、IEEE802.11acに対応した無線LANルーター2機種を発表した。出張や旅行先のホテルなどの有線LANを無線化できるポータブルルーター「AtermW500P」と、“Wi-Fi TVモード中継機能”を搭載したホームルーター「AtermWF1200HP」。価格はオープンで、1月23日から順次発売する。

 両機種とも、5GHz帯のIEEE802.11a/acおよび2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに対応。NFC対応のスマートフォンなどを同こんの「Wi-Fi設定シート」にかざすだけで無線LAN接続できる、“らくらく「かざして」スタート”機能を搭載する。

 AtermW500Pは、最大433Mbpsの通信速度に対応。外出先でポータブルルーターとして使用できるほか、ノートパソコンなどとLANケーブルで接続することで11ac対応の無線LAN子機としても利用できる。100BASE-TXのLAN/WANインタフェースを1基搭載。電源供給は、ACアダプターまたはMicro-USB B端子から行う。

 本体カラーは「ブラック」「ホワイト」。ACアダプター、イーサネットケーブル、USB電源ケーブルをまとめて収納できるポーチが付属する。本体寸法は幅58×奥行き58×高さ15.8?、重さは約34g。予想実売価格は6000円前後。発売日は2月13日。

 AtermWF1200HPは、最大867Mbpsの高速通信が可能。新機能のWi-Fi TVモード中継機能は、中継機として使う際に「親機-中継機」と「中継機-子機」の間をともに5GHz帯で通信する。離れた場所でも、安定した快適な動画視聴が可能になる。100BASE-TX対応のWANインタフェース1基、LANインタフェース3基を備える。

 本体寸法は幅33×奥行き97×高さ146?、重さは約0.2kg。予想実売価格は1万円前後。1月23日発売。中継機とのセット「イーサネットコンバータセット」(同2万円前後)、USB子機とのセット「USBスティックセット」(同1万7000円前後)も用意した。

NECのWebサイト