PR
写真●ActiveImage Protector 4.0 Linux Editionの画面
写真●ActiveImage Protector 4.0 Linux Editionの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットジャパンは2014年1月16日、Linux環境向けイメージバックアップソフトの新版「ActiveImage Protector 4.0 Linux Edition」(写真)を発表した。1月27日に出荷する。新版では、GUI管理コンソール、増分バックアップ、バックアップデータの圧縮---などの機能を追加した。

 ActiveImage ProtectorのLinux Editionは、Linux環境のディスクイメージを丸ごとバックアップするソフト。Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOS上で動作する。一般的なイメージバックアップソフトと同様に、スケジュールバックアップができる。リストア時には、一括リストアのほか、マウントしたディスクイメージからファイル単位でデータを取り出す運用もできる。

 新版ではUIや機能を強化した。UIでは、これまでのCUI(コマンドライン)やキャラクターベースのUIに加えて、GUI(X-Window SystemおよびWindows)を用いた管理コンソールを用意した。これにより、コマンドやファイル名などを手動で入力する必要がなくなった。また、Winodwsの管理コンソールが使えることで、WindowsからLinux上のバックアップソフトをリモート操作する使い方が可能になった。

 機能面の強化では、まず、増分バックアップを可能にした。増分バックアップとは、前回のバックアップからの差分だけを抽出してバックアップする手法であり、これにより、バックアップデータの転送量を削減できる。