PR
写真●「サンドラッグ.com」の画面
写真●「サンドラッグ.com」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 サンドラッグとディー・エヌ・エー(DeNA)は2014年1月15日、ショッピングサイトのDeNAショッピング内で「サンドラッグ.com」を開始した(写真)。サンドラッグは、ドラッグストア業界売り上げで第2位。ネット販売では、医薬品(第2類、指定第2類、第3類)や化粧品、日用品など1万5000品目から始める。

 DeNAは2013年6月から、西友と共同でネットスーパー「SEIYUドットコム」を運営しており、今回はそれに続くもの。西友やサンドラッグと組むことで、食料品や日用品、化粧品、医薬品のネット販売でナンバーワンを目指すとしている。

 DeNAはネット事業のパートナーとして、「リアルの店舗ビジネスで強いこと」「価格競争力があること」を挙げており、その意味からもサンドラッグと組んだとみられる(関連記事:食品というECの残された未開拓地、ネットで買い物するように消費行動を変えられるか)。

 SEIYUドットコムも同じく2014年1月15日に、EC(電子商取引)単体利用で配送料が無料になる購入額を、従来の5000円から1980円に引き下げることを決定したばかり(実施は2月1日から)。各社は、安さを武器に食品や日用品などのネット販売で攻勢をかける。