PR

 グーグルは2014年1月16日、日本語表記の一般トップレベルドメイン(gTLD)「.みんな」の提供を開始した。初の日本語ドメインとなる「.みんな」は、グーグルが提供するgTLDの第1号でもある。

 「.みんな」は、グーグルの日本のレジストラパートナーであるインターリンクをはじめとするドメイン登録サービスで登録可能。インターリンクは、一般登録が開始される前に優先的に登録申請ができるランドラッシュ登録を同日より開始した。「英語を話そう.みんな」や「子育て.みんな」といった、商標権を問わないフレーズの文字列も申請可能となっている。

 なお、商標や商号を保有する商標権者のみを対象とした優先登録期間となるサンライズ登録は、既に2013年12月10日に開始。同一の文字列に複数の申請があった場合は、オークションによって使用権を決定する。

 ランドラッシュは、誰でもエントリーが可能。同じドメインに複数の申請があった場合は、サンライズと同様にオークションで登録者を決定する。ランドラッシュ登録期間には、特に人気の高い文字列に対して特別な料金が設定されるプレミアムドメインの申し込みも開始する。

 サンライズおよびランドラッシュ登録は2月14日まで。一般登録は2月21日から開始する。

 グーグルは、「インターネットはみんなのもの」という考えで「.みんな」のgTLDを取得したとしており、新ドメインを使ったキャンペーンサイト「はじめよう.みんな」を公開している。