PR
写真●Express5800/E120e-Mの外観
写真●Express5800/E120e-Mの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは2014年1月16日、PCサーバー「Express5800シリーズ」の一部について、CPUを刷新して性能を最大20%向上させた後継機種を発表した(写真)。ラックマウント型やブレード型など各形態をまたがった全7機種(CPU数は1個または2個)が刷新の対象となる。いずれも1月24日に出荷する。

 PCサーバーの一部となる7機種について、CPUを、最大8コアのXeon E5-2400ファミリーから、最大10コアのXeon E5-2400v2ファミリーに刷新した。これにより、最大20%性能を向上させた。さらに、ラックマウント型の後継機については、80 PLUS Titanium電源の採用により、従来比で最大12%の電力削減を実現した。

 7機種の内訳は、ラックマウント型が3機種、タワー型が2機種、ブレード型が1機種、モジュラー型が1機種---である()。

 例えば、「R120e-1E」(高さ1U)と「R120e-2E」(高さ2U)は、いずれもCPUを2個搭載したラックマウント型サーバー機。従来機「R120d-1E」「R120d-2E」との比較では、CPUと電源を刷新した。

 また、「E120e-M」は、CPUを2個搭載したモジュラー型のサーバー機。従来機「E120d-M」との比較では、CPUのほかにI/O性能に注力した。具体的には、RAIDコントローラを刷新してサーバー内部のデータ転送速度を最大1.7倍に高めた。さらに、外部接続用にInfiniBandアダプターや10GBASE-Tアダプターを用意した。

表●新機種(7機種)の名称と価格
機種名概要価格(税別)
E120e-M2CPU構成のモジュラー型25万4000円から
R120e-1E2CPU構成のラックマウント型(1U)32万7000円から
R120e-2E2CPU構成のラックマウント型(2U)36万7000円から
R110e-1M1CPU構成のラックマウント型(1U)29万9000円から
B120e2CPU構成のブレード型31万5000円から
T120e2CPU構成のタワー型22万円から
T110e-M1CPU構成のタワー型24万6000円から