PR
キヤノンの「PIXUS iP8730」
キヤノンの「PIXUS iP8730」
[画像のクリックで拡大表示]
キヤノンの「PIXUS iX6830」
キヤノンの「PIXUS iX6830」
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンは2014年1月16日、A3ノビ用紙への印刷に対応したインクジェットプリンター2機種を2月中旬から発売すると発表した。価格はオープン。

 「PIXUS iP8730」は、家庭での大判写真印刷需要を狙った製品。同社のA4プリンター最上位機である「PIXUS MG7130」と同じく、染料のシアン、マゼンタ、イエロー、グレー、黒、および顔料黒の6色インクで印刷する。その一方で、同社の「PIXUS PRO」シリーズよりは小型で価格も安い。無線LAN機能やCD/DVDなどのレーベル印刷機能を備える。印刷速度はL判フチなしカラー写真で約30秒、A4普通紙のカラー文書印刷で毎分10.4枚(ipm)になる。本体サイズは幅590×奥行き331×高さ159mmで、重さは8.5kg。実勢価格は約3万円。

 「PIXUS iX6830」は、ビジネスでの利用を視野に入れた製品。iP8730からグレーインクを除いた5色のインクで印刷する。iP8730との主な違いは、CD/DVDレーベル印刷機能がなく、有線LAN接続が可能なこと。印刷速度は同じだ。本体サイズは幅584×奥行き310×高さ159mmで、重さは8.1kg。実勢価格は2万円台後半。