PR

 総務省は2014年1月17日、日本放送協会(NHK)から申請があったラジオ番組を放送と同時にインターネットを通じて一般に提供する業務の認可についての考え方を発表した。この考え方についての意見募集を2014年1月20日から2月18日まで実施する。

 NHKは2011年9月から「らじる★らじる」というサービス名称で、AMのラジオ第1放送とラジオ第2放送およびFM放送の番組を、放送と同時にインターネットで配信している。今回の認可申請は、この業務の継続を求めるものである。

 総務省は今回示した考え方において、NHKの業務申請について「認可することが適当であると認められる」とした。NHKはこの業務の継続が必要な理由について、「スマートフォンなどの携帯端末による聴取が急速に増加しており、これらの端末による利用実態のデータを新たに収集・把握する必要がある」といった点を挙げている。総務省は2013年9月末時点で「らじる★らじる」の携帯端末向けアプリケーションのダウンロード数が昨年同時期の1.8倍になっている点などを踏まえて、実施内容の延長は十分に必要性があると判断した。

[発表資料へ]