PR

 ラリタン・ジャパンは2014年1月21日、PDU(サーバーラック内の機器に電源を供給するための電源タップ製品)のエントリー製品「PXEシリーズ」(全7モデル、写真)を発表、同日受注を開始した。納期は4~8週間。既存シリーズ(「Dominion PX」および「PX2」)と比べて機能を下げたことで、価格を抑えた。

写真●PXEシリーズの一つである「PXE-1384J-N1」(200V/30A、出力コンセント16個)の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 従来は「PX2-1000」シリーズが最安価だった(関連記事:ラリタン、24台まで接続できる廉価版のラック内電源タップを発売)。今回のPXEシリーズは、PX2-1000よりも安価で、新たに最安価となったモデル「PXE-1138JR」(AC100V/15A、出力コンセント8個)の推奨小売価格(税別)は、4万8900円。

 これに対して、従来の最安価モデル「PX2-1482J」(AC200V/16A、出力コンセント24個)の市場想定価格(5%消費税込み)は9万4290円。なお、出力コンセント数がPX2-1482Jと同じ24個で比較すると、新モデルの「PXE-1471JV」(AC100V/15A、出力コンセント24個)の価格(税別)は6万2500円である。