PR

 NECネッツエスアイは2014年1月24日、ユーザーが特定のWi-Fiエリアに入ると、そのエリアの店舗やクーポンなどの各種情報をスマートデバイスにプッシュ配信するサービス「PlusZone」を同日から提供開始すると発表した。店舗が持つ既存のWi-Fiアクセスポイントをそのまま活用できるため、低コストで容易にサービス導入できる。

 ユーザーのスマートデバイスにPlusZoneアプリをインストールし、Wi-Fi機能をオンに設定しておけば、Wi-Fiアクセスポイントのエリアに入るとWi-Fi認証を行わずにコンテンツを配信する。ショッピングセンターの各店舗やエリア、自治体の観光地Wi-Fiサービス、鉄道の駅や空港の出入口、イベント会場などでの利用を想定した。Android端末に対応する(iOSは検討中)。

 ユーザーの位置情報や個々の端末を特定できる情報を扱わないので、プライバシー保護に配慮した情報配信が可能。コンテンツには店舗側で作成したWebサイトなどを利用できるほか、簡単にコンテンツ作成・編集できるCMSテンプレートを用意した。導入コストは1アクセスポイントの場合で月額数千円程度。

 NECネッツエスアイでは、3年間で3億円以上の売り上げを見込んでいる。

図●サービスのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]