PR
写真●Macintosh誕生30周年を祝うページ
写真●Macintosh誕生30周年を祝うページ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2014年1月24日、同社のパソコン「Macintosh(Mac)」の誕生30周年を祝う特別ページを開設した(写真)。

 特別ページでは、1984年にリリースされた初代Mac「Macintosh 128K」から「Mac Pro」現モデルまで30年にわたる歩みを、著名なユーザーの体験や感想などとともに紹介している。Macintosh 128Kの説明には「最初のMacintoshは単なるコンピュータではなく、コンピュータのパワーがすべての人のものになるという宣言だった」との言葉が添えられ、若き日の同社共同創業者Steve Jobs氏やチームメンバーの写真が掲載されている。

 歴代Macの著名ユーザーが出演する約3分間のビデオも公開されており、日本人ユーザーとしては、音楽家で映像作家の高木正勝氏、医学博士の杉本真樹氏、メディアアーティストの真鍋大度氏が登場している。

 また、初めて使ったMac、当時居た場所(国)、どのような目的に使っていたかといった質問に答えるアンケートコーナー「Your First Mac」も用意されている。

 実機分解調査の米iFixitもMacの30周年を祝い、Macintosh 128Kの解体レポートを公開した。Macintosh 128Kは1984年当時の販売価格が2495ドルで、8MHzの「Motorola 68000」プロセッサ、128Kバイトのメモリーを搭載し、9インチのモノクロCRTディスプレイ(解像度512×342ドット)、3.5インチフロッピーディスクドライブを備え、ストレージ容量は400Kバイトだった。