PR

 米Appleが、現地時間2014年1月27日に発表した2014会計年度第1四半期(2013年10~12月)の決算は、売上高が前年同期比6%増の575億9400万ドルで、過去最高額を記録した。「iPhone」と「iPad」の出荷台数も過去最高を更新した。

 純利益は130億7200万ドルとなり、前年同期の130億7800万ドルをわずかに下回った。希薄化後の1株当たり純利益は14.50ドルで、同5%増加した。粗利益率は37.9%で、前年同期の38.6%から縮小した。

 製品出荷台数は、iPhoneが前年同期比7%増の5103万台、iPadは同14%増の2604万台だった。「Mac」パソコンは484万台で同19%増加した。携帯型メディアプレーヤー「iPod」は、同52%減の605万台にとどまった。

 地域別の売上高を見ると、米大陸が前年同期比1%減の200億9800万ドル。欧州が同5%増の130億7300万ドル。中国(香港と台湾を含む)は88億4400万ドルで同29%急伸し、日本は49億4800万ドルで同11%増加した。他のアジア太平洋地域は36億3300万ドルで、同9%減少。米国外からの売上高が総売上高に占める割合は、63%となる。

 同社は昨年12月に中国China Mobile(中国移動)とiPhoneの販売契約を締結し(関連記事:China Mobileが1月17日にiPhone販売を開始、Appleが提携を正式発表)、今年1月にChina Mobileを通じた販売が始まっている。米New York Timesは、China Mobileとの提携により、2014年のiPhone販売台数は1500万~3000万台の上乗せが見込まれるとしている。

 Appleは2014会計年度第2四半期(2014年1~3月)の見通しについて、売上高を420億~440億ドルの範囲、粗利益率を37~38%の範囲と予測した。