PR
写真●Windows 8.1タブレット「Endeavor TN10E」
写真●Windows 8.1タブレット「Endeavor TN10E」
[画像のクリックで拡大表示]

 エプソンダイレクトは、搭載OSにWindows 8.1 Proを選べるビジネスタブレット「Endeavor TN10E」を2014年1月28日に受注開始した(写真)。アプリケーションや周辺機器、ネットワークなど、オフィスにある豊富なWindows資産を活用できる。2月下旬に出荷を開始する予定。

 11.6型フルHD(1920×1080ドット)IPS液晶を採用。10点マルチタッチに対応するほか、オプションでより細かな入力が可能な電磁誘導式デジタイザーペンも利用できる。このほかにも、スタンド機能付き液晶カバーやノートパソコンのように使えるBluetoothキーボードなど、さまざまなオプションを用意した。

 AMD デュアルコア A4-1200 APUと4GBメインメモリー、128GB SSD、IEEE802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0を搭載する。本体寸法は幅297×奥行き192×高さ11mm、重さは約780g。直販価格は、Windows 8.1搭載モデルが7万3500円、Windows 8.1 Pro搭載モデルが8万4000円。