PR
写真●2月末から一部車両内でau Wi-Fi SPOTとWi2 300の提供が始まる京浜急行電鉄の2100形
写真●2月末から一部車両内でau Wi-Fi SPOTとWi2 300の提供が始まる京浜急行電鉄の2100形
[画像のクリックで拡大表示]

 京浜急行電鉄(京急)は2014年1月30日、公衆無線LANサービスの提供拡大と、訪日外国人向けに公衆無線LANを一定時間無料で使えるようにするサービスを発表した。

 京急は2007年から、駅構内コンコースとホームでNTT東日本の「フレッツ・スポット」とNTTドコモの「docomo Wi-Fi」を提供してきた。今回、新たに駅構内コンコースとホームでKDDIの「au Wi-Fi SPOT」とワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)の「Wi2 300」も提供する。

 au Wi-Fi SPOTとWi2 300は、2月1日から品川、羽田空港国際線ターミナル、羽田空港国内線ターミナルの各駅で提供を開始する。その他の駅へも順次導入し、2014年度末までに京急線全72駅(泉岳寺を除く)で提供を開始する予定。

 au Wi-Fi SPOTとWi2 300は、列車の車両内での提供も始める。2月末から2100形(写真)の一部車両(2100形全80両のうちの8両編成3本)で利用可能になる。2100系を中心に順次提供を始める予定で、ゆくゆくは京急の全車両内で使えるようにする。

 3月1日からは、訪日外国人向けにWi2 300を活用した6時間無料で使える公衆無線LANサービスを提供する。羽田空港国際線ターミナル駅の「京急ツーリストインフォメーションセンター」で使用手続きをしてもらい、IDとパスワードを発行する(1人につき1ID)。これをWi2 300のログイン画面に入力すると無料でインターネットに接続できる。初回ログイン後、連続6時間利用可能。京急線の駅構内と車両内のほか、全国20万カ所以上のWi2の公衆無線LANスポットも使える。

 訪日外国人向けのサービスは、春からの羽田空港国際線発着枠の増加などによって羽田空港を利用する訪日外国人が増えることに合わせたもの。公衆無線LANサービスの提供拡大は、羽田を使う訪日外国人の増加に加えて、沿線やその他からの利用客に便利で快適な無線LAN環境を提供するという狙いがある。

[発表資料(PDF文書)へ]