PR

 米運輸省(DOT)の国家道路交通安全局(NHTSA)は現地時間2014年2月3日、自動車における車両間(V2V:Vehicle-to-Vehicle)通信技術の導入義務に向けた計画を進めると発表した。車両同士が情報を「会話」することにより、衝突などの事故を避け、より安全な走行を実現できるとしている。

 DOTの調査によると、V2V通信を用いた事故防止機能を実装することで、複数車両を巻き込む事故の大多数を回避できることが分かったという。車両同士で速度や位置などのデータを1秒間に10回という頻度で交換し、潜在的危険を特定してドライバーに警告を発信する。これにより追突事故や車線変更の際の接触、交差点での衝突などを未然に防ぐ。なお、V2V通信によるハンドルやブレーキの自動操作は行わない。

 DOTは2012年8月に約3000台のV2V通信対応車両を用いたパイロットテストを開始した。実際の路上を走らせ、複数の異なるメーカーの車両同士での相互運用性などを確認した。パイロットテストの分析結果は数週間以内に公表する。

 NHTSAは、分析結果に基づき、将来の新車におけるV2Vデバイスの設置を義務づける規制案の策定に取り組む。

[発表資料へ]