PR
写真1●2013年度第3四半期決算発表会に登壇したソニーCEOの平井一夫氏
写真1●2013年度第3四半期決算発表会に登壇したソニーCEOの平井一夫氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2014年2月6日、本社で2013年10月~12月期の決算発表会を開催した。発表会では通常の決算発表に加え、同日発表したPC事業の売却およびテレビ事業の分社化について、同社代表執行役社長兼CEOの平井一夫氏が登壇し、説明した(写真1、関連記事: ソニーがパソコン「VAIO」事業を投資ファンドに売却へ)。

エレクトロニクス事業の立て直しに手応え

 最初に平井氏は、2013年度の経営方針においてエレクトロニクス分野の三つのコア事業として挙げた「モバイル・イメージング・ゲーム」を振り返り、「ハイエンドスマートフォンのXperia Z1や、高級コンパクトデジカメのRXシリーズ、昨年12月末に420万台に達したPlayStation 4など、”ソニーらしい”と感じてもらえる商品を投入できた」と総括。平井氏はソニーのCEOとして「エレクトロニクス事業を立て直し、グループ全体の経営を安定化させることが使命」と言い続けてきたが、「コア3事業が売上・収益の両面で大きく成長し、ソニーグループ全体に貢献する事業に成長した」と強調した。

写真2●CES2014で発表したクラウドベースのゲームサービス「PlayStation Now」
写真2●CES2014で発表したクラウドベースのゲームサービス「PlayStation Now」
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年1月に米ラスベガスで開催したCES2014では、Xperiaシリーズの最新モデルやウエアラブルデバイス、さらに進化した4K製品、クラウドベースのゲームサービスなどを発表(写真2)。「単に機能の優れた製品ではなく、顧客の感性をゆさぶるプロダクト作りにおいて一定の評価を得た」(平井氏)と振り返った。

 その一方、PCとテレビ事業については今回の決算発表に合わせて大きな構造改革を発表したが、その背景を「今後も市場環境は厳しく推移すると見ており、スピード感のある改革が不可欠と判断した」(平井氏)と説明した。