PR
写真●裁決の告知を掲載したグーグルのフランス版ホームページ
写真●裁決の告知を掲載したグーグルのフランス版ホームページ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは、フランスのデータ保護関連当局から受けた裁決の告知を、現地時間の2014年2月8日にフランス版ホームページ(Google.fr)に掲載した(写真)。Googleの異議申立は聞き届けられなかった。

 フランスの情報処理・自由全国委員会(CNIL:Commission nationale de l'informatique et des liberte)は現地時間2014年1月8日に、Googleのプライバシーポリシーを巡り、Googleがフランスのデータ保護法に違反しているとして、同社に15万ユーロの罰金を科した。また当裁決について公式発表をホームページに48時間掲載することを命じた(関連記事:仏データ保護当局、Googleに15万ユーロの制裁金を命令)。

 Googleはこの判決を不服として上訴したが、裁判所は2月7日、「公式発表の掲載がGoogleの名声に修復不可能なダメージを与える」とする同社の主張を証明できていないとして、これを退けた。Googleは判決に従い、2月8日午前に掲載を開始した。CNILは掲載に関して、文言のほか、書体をArialにすることや13ポイントより大きいサイズにすることなど、細かく指定している(米Wall Street Journal米Tech Timesの報道)。