PR

 NTTPCコミュニケーションズは2014年2月13日、VPNサービス「Master'sONE セキュア・インターネットVPN-HighSpeed」(SIV-HighSpeed)のバックアップメニュー強化などを発表した。SIV-HighSpeedは2012年7月に開始したVPNサービスで、アクセス回線にNTT東西の「フレッツ 光ネクスト」(NGN)を使用。NGN上で提供されるIPv6(IPv6 IPoE)接続機能を利用して、NGNとIPv6で相互接続したNTTPCの閉域網「Master'sONE」につなぎ込むものである。

 同サービスでは、SIV-HighSpeedでバックアップメニューを提供していたが、バックアップに使用する回線は3G回線だけだった。そこへ今回、LTE回線が使える「ワイヤレス(LTE)バックアップ」を加えた。このメニュー追加は、高速・低遅延のバックアップ回線に対する要望が多かったためだという。

 NTT東西のフレッツ・ADSLをバックアップ回線に用いる「ADSLバックアップ」も開始する。ADSLバックアップの利用ユーザー向けには、2台のサービス用レンタルルーターをホットスタンバイで提供する「ルーターホットスタンバイ」も提供する。メインのルーターが故障すると、予備のルーターに自動で切り替わる。

 また、SIV-HighSpeedのデータ通信とNTT東西のIP電話サービス「ひかり電話」の音声通信をフレッツ 光ネクスト1回線で利用できる「ひかり電話対応メニュー」も発表した。この重畳利用によって、ユーザー企業は通信コストを削減できるとする。

 サービス料金の一例として、アクセス回線に「フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ」を使用し、「ワイヤレス(LTE)バックアップ」を利用する場合、月額2万5800円。この料金はフレッツ回線とバックアップの利用料、NTTPCのネットワーク利用料、レンタルルーター代を含む。NTTPCネットワーク設定料金とフレッツ工事料金、レンタルルーターオンサイト工事料金(平日9~17時工事)を含む初期費用9万2000円が別途かかる。上記金額はいずれも税別。提供開始時期は、ルーターホットスタンバイのみ3月で、ほかは2月13日である。

[発表資料へ]