PR
dynabook T654/78L
dynabook T654/78L
[画像のクリックで拡大表示]
dynabook T554
dynabook T554
[画像のクリックで拡大表示]
REGZA PC D834
REGZA PC D834
[画像のクリックで拡大表示]
REGZA PC D714/D713
REGZA PC D714/D713
[画像のクリックで拡大表示]
dynabook D614
dynabook D614
[画像のクリックで拡大表示]
dynabook N514
dynabook N514
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、ノートパソコンおよび液晶一体型パソコン「dynabook」シリーズ、液晶一体型AVパソコン「REGZA PC」シリーズの2014年春モデル8機種を2014年2月21日から順次発売する。全機種にIEEE802.11ac対応モジュールを搭載し、ノートは従来比1.4倍の最大433Mbps、液晶一体型は同2.9倍の最大867Mbpsの通信速後に対応した。価格はオープン。

 タッチ対応の15.6型ノート「dynabook T654/78L」は、フルHD(1920×1080ドット)液晶とCore i7-4700MQプロセッサー、BDXL対応ブルーレイディスクドライブ、4K対応のHDMI端子を搭載する。本体カラーは「リュクスホワイト」「プレシャスブラック」「モデナレッド」の3種類。予想実売価格は20万円前後。3月上旬発売。

 15.6型ノート「同 T554」は、フルHD液晶とCore i7-4700MQ、ブルーレイディスクドライブ搭載の「T554/76L」、HD(1366×768ドット)液晶とCore i5-4200U、ブルーレイディスクドライブ搭載の「T554/56L」、HD液晶とCore i3-4005U、DVDスーパーマルチドライブ搭載の「T554/45L」の3モデル。いずれも4K対応HDMI端子を備える。本体色は「リュクスホワイト」「プレシャスブラック」「モデナレッド」「ライトゴールド」の4種類(56Lは「リュクスホワイト」「プレシャスブラック」の2種類)。予想実売価格は、76Lが18万円台半ば、56Lが16万円台半ば、45Lが13万円台半ば。2月21日から順次発売する。

 タッチ対応の23型フルHD液晶一体型AVパソコン「REGZA PC D834/T9L」は、Core i7-4700MQとブルーレイディスクドライブ、4K対応HDMI端子を搭載。また、3波対応Wチューナー、harman/kardonステレオスピーカーを内蔵する。予想実売価格は24万円前後。2月21日から順次発売する。

 21.5型フルHD液晶一体型AVパソコンは「同 D714/T7L」「同 D713/T3L」の2機種。D714/T7Lは、Core i7-4700MQとブルーレイディスクドライブ、3波対応Wチューナー、オンキヨー製ステレオスピーカーを搭載。予想実売価格は21万円前後。2月21日から順次発売する。

 D713/T3Lは、Celeron 1005MとDVDスーパーマルチドライブ、地上デジタルチューナー、オンキヨー製ステレオスピーカーを搭載する。予想実売価格は15万円前後。2月28日から順次発売する。

 21.5型フルHD液晶一体型は「dynabook D614/54L」「同 D513/32L」の2機種。D614/54Lは、Core i7-4700MQとブルーレイディスクドライブを搭載し、予想実売価格は19万円前後。D513/32Lは、Celeron 1005MとDVDスーパーマルチドライブを搭載し、予想実売価格は14万円前後。2月21日から順次発売する。

 タッチ対応の11.6型HD液晶搭載ネットノート「同 N514/25L」は、Celeron N2820を搭載するほか、HDMI出力端子やアナログRGB出力端子などインタフェースを充実した。バッテリー駆動時間は約4.0時間。本体寸法は幅284.0×奥行き208.6×高さ23.5mm、重さは約1.5kg。予想実売価格は9万円前後。2月21日発売。

 全機種ともOSはWindows 8.1(64ビット版)。タッチ操作で写真加工できる「Adobe Photoshop Express」などを搭載した。