PR
HDR-AS100V
HDR-AS100V
[画像のクリックで拡大表示]
ライブビューリモコン「RM-LVR1」
ライブビューリモコン「RM-LVR1」
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは、身体や自転車などに取り付けて体感映像を撮影できる小型デジタルビデオカメラ「アクションカム」から、水しぶきのような細かな動きも高精細に記録できるハイビットレート撮影に対応した上位機種「HDR-AS100V」を3月14日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は3万3000円前後。

 有効1350万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」と画像処理エンジン「BIONZ X」、F2.8の「ZEISS(ツァイス)テッサーレンズ」を搭載。HD 50Mbpsのハイビットレート撮影に対応したほか、手ぶれ補正機能で細かい振動の補正効果を従来比約2.5倍に高めた。

 画角は170度。最大フレームレートは、フルHD(1920×1080ドット)が60p、HD(1280×720ドット)が120p、WVGA(800×480ドット)が240p。記録方式はXAVC SとMP4。記録メディアはマイクロSD/SDHC/SDXCメモリーカード、メモリースティックマイクロ。

 このほかにも、HDMI出力端子、JIS IPX4相当の防滴性能、スマートフォンでモニタリングやデータ転送できるWi-Fi機能およびNFC機能などを搭載する。本体寸法は幅24.2×高さ46.5×奥行き81.5mm、多さは約92g(バッテリー含む)。

 同時に、手元で画角確認やカメラ操作ができる腕時計型ライブビューリモコン「RM-LVR1」とのセット「HDR-AS100VR」を発売。1台のライブビューリモコンで最大5台までのカメラ操作を行える。予想実売価格は4万3000円前後。