PR
図●金利先物等取引・清算システムのイメージ
図●金利先物等取引・清算システムのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は2014年2月24日、東京金融取引所の基幹業務システムである金利先物等取引・清算システムを刷新し、2014年2月3日から本格運用を始めたと発表した()。

 金利先物等取引・清算システムは、金融デリバティブ商品の注文を受け付けて約定などを行う「デリバティブ取引アプリケーション」と、約定した取引の清算を行う「清算アプリケーション」で構成される。これまでは、ニューヨーク証券取引所が提供するデリバティブ取引アプリケーションパッケージ「LIFFE CONNECT」と、富士通が開発した清算アプリケーションを組み合わせ、富士通が構築したシステム基盤上で運用していた。

 今回、同社は東京金融取引所と共同でデリバティブ取引アプリケーションを開発し、金利先物等取引・清算システムを刷新。これにより、富士通はトータルで金利先物等取引・清算システムを提供することとなる。

 また、今回のシステム刷新では、システム基盤の更改も行った。更改には同社が提供するPCサーバー「FUJITSU Server PRIMERGY」、ストレージ「FUJITSU Storage ETERNUS」と、インメモリデータ管理ソフトウエア「FUJITSU Software Primesoft Server」などを採用。システム運用では、富士通の運用センターから24時間365日体制で運用と監視を行う運用管理サービスを提供する。

 富士通によると、アプリケーション開発と運用・保守業務を一元化したことで、従来比約50%減のTCO削減が可能になるという。同社は新しく開発したデリバティブ取引アプリケーションとソリューションビジネスで、2015年3月までに100億円の売上高を目指すとしている。