PR
図1 カメラを搭載する「Galaxy Gear 2」。カラーバリエーションは写真の黒と茶の他、オレンジも用意する
図1 カメラを搭載する「Galaxy Gear 2」。カラーバリエーションは写真の黒と茶の他、オレンジも用意する
[画像のクリックで拡大表示]
図2 カメラを搭載しない「Galaxy Gear 2 Neo」。カラーバリエーションは黒、灰、オレンジの3色
図2 カメラを搭載しない「Galaxy Gear 2 Neo」。カラーバリエーションは黒、灰、オレンジの3色
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国Samsung Electronics社は「Mobile World Congress 2014」に合わせて、腕時計型端末「Samsung Gear 2」「Samsung Gear 2 Neo」を発表した(英文の発表資料)。ソフトウエアプラットフォームに「Tizen」(Tech-On!の関連記事)を採用した他、前機種の「Galaxy Gear」に比べて電池駆動時間を延ばしたのが特徴。2014年4月に発売する。

 Gear 2とGear 2 Neoの主な仕様は次の通り。ディスプレーは1.63型のアクティブマトリックス方式有機EL(Super AMOLED)で、アプリケーションプロセッサーには2コア構成のCPUが1.0GHzで動作するものを採用した。音声再生機能やビデオ再生機能を備える。主記憶容量は512Mバイトで、ストレージ容量は4Gバイト。

 心拍、加速度、角速度のセンサーや、Bluetooth 4.0の通信機能、赤外線LEDを搭載した。(1)心拍センサーや歩数計などのフィットネス関連機能、(2)Bluetooth経由で出力する音楽プレーヤー機能、(3)テレビやSTBなどの機器をリモコン操作する「WatchON Remote」機能などを利用できる。Bluetooth通話やSMS通知、スケジュール管理、ストップウオッチなどの標準アプリを搭載する他、電卓やフラッシュライトなどのアプリをダウンロードして追加できる。

 Gear 2とGear 2 Neoの機能面での違いは、カメラの有無である。200万画素のカメラを搭載するGear 2は外形寸法が36.9mm×58.4mm×10.0mmで重さが68g、カメラを搭載しないGear 2 Neoは外形寸法が37.9mm×58.8mm×10.0mmで重さが55gである。

 防水・防じん機能はIP67に準拠する。電流容量が300mAhのLiイオン2次電池を搭載しており、連続稼働時間は標準的な使い方で2~3日間、あまり使っていない状態で最大6日間という。