PR
日本HPの「HP Officejet 4630」
日本HPの「HP Officejet 4630」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2014年2月26日、SOHO・小規模オフィス向けA4インクジェット複合機のエントリーモデル「HP Officejet 4630」を3月3日に発売する。同社の直販サイト「HP Directplus」での価格は税込みで1万290円。

 コピー、プリント、スキャンの基本機能に加えて、ファクス機能やADF(自動給紙装置)、自動両面印刷機能を標準搭載した高コストパフォーマンスモデル。さらに、無線LAN機能を内蔵し、無線LANルーターがない環境でもモバイル端末からワイヤレス印刷できる「ワイヤレスダイレクト」機能に対応する。

 ビジネス文書の印刷用途向けに耐水性に優れた顔料系黒インクを採用。カラーインクには、大小2種類にインクドロップサイズを使って印刷する「デュアルドロップボリューム・テクノロジー」を搭載。普通紙やフォト用紙に最適な品質で印刷できる。カラーインクカートリッジを外してモノクロ印刷やファクス機能中心で使うこともできる。

 印刷解像度は4800×1200dpi、スキャン解像度は1200×1200dpi。印刷速度はA4カラーが毎分5.2枚、A4モノクロが毎分8.8枚。給紙容量は100枚。インタフェースはUSB 2.0。無線LAN規格はIEEE802.11b/g/nに対応。本体寸法は幅446×奥行き332×高さ189mm、重さは約6.2kg。