PR

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、米Hulu LLCと同社の日本市場向け事業を承継することに合意したと発表した。日本テレビは2014年春の事業の譲渡を受け、SVOD(Subscription Video On Demand:定額制動画配信)事業に参入する。

 日本テレビは、Hulu LLCが会社分割により設立した新会社を子会社化することで事業を承継する。新会社は米Hulu LLCから「Hulu」のブランドやテクノロジーに関するライセンスを受け、日本における事業を継続する。

 「Hulu」は今後、ハリウッドや日本の映画・ドラマ・アニメなど、既存の各ジャンルをさらに強化する。また日本テレビの番組の「Hulu」向け限定コンテンツの配信などによって作品ラインアップを充実させ、事業拡大を目指す。

 日本テレビは、今回の事業承継によるSVOD事業への参入について、「日本テレビグループの中期経営計画に沿うもの」と位置付けている。日本テレビグループとして、地上放送とBS放送、CS放送に加えインターネットを通じてユーザーの嗜好に合わせたコンテンツを配信する伝送路を持つことによって、グループ全体でコンテンツ価値の最大化を図る。

[日本テレビの発表資料へ]

[ Huluの告知ページへ]

■変更履歴
記事掲載当初、第3段落において「Hulu LLCは今後」と表記していましたが、「『Hulu』は今後」の誤りです。同じく第3段落において「新会社を通じて日本市場での事業拡大を目指す」と表記していましたが、「事業拡大を目指す」の誤りです。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。[2014/2/28 17:45]