PR
写真●日立製作所の指静脈認証装置
写真●日立製作所の指静脈認証装置
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所は2014年2月26日、警察職員らの保健福祉事業などを手掛ける警察共済組合に指静脈認証システムを納入したことを発表した。警察共済は同2月1日から、PCや業務システムへのログイン用途で使用しているという。

 警察共済は、700台のPCに日立製作所製の指静脈認証装置「H-1」を導入した(写真)。PCだけでなく年金管理や経理関連の業務システムに、シングルサインオンでログインできる。生体認証の活用で、セキュリティ強度と利便性の向上を狙う。

 認証システムは、警察共済のデータセンターに構築した。全国79カ所の拠点が、ネットワーク経由でアクセスする。日立のPCサーバーである「HA8000シリーズ」上で、認証ソフトとDBサーバーを稼働させている。

 日立の指静脈認証装置は、近赤外線を透過させることで指の静脈パターンを読み取る方式を採用している。他人受入率は0.0001%、本人拒否率は0.01%としている。