PR

写真1●MWC2014のインテルブース
写真1●MWC2014のインテルブース
[画像のクリックで拡大表示]

 インテルは2014年2月27日までスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2014」(MWC2014)にブースを出展し、Android/Windowsのデュアルブートが可能なタブレットや、新Atom「Merrifield」搭載のスマートフォン、タブレットのリファレンスモデルなどを展示した(写真1)。

WindowsとAndroidを起動時に選択できるタブレット

 インテルは2014年1月のCES2014で、AndroidとWindowsのデュアルブートに対応したタブレットを披露したが、その同型機とみられる端末がインテルブースに展示されていた(写真2写真3)。

写真2●Androidを起動した状態
写真2●Androidを起動した状態
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●同じタブレットでWindowsを起動した状態
写真3●同じタブレットでWindowsを起動した状態
[画像のクリックで拡大表示]

 タブレットの起動時にはBIOS画面の直後にAndroidまたはWindowsのロゴが現れ、どちらかをタッチすることで選択したOSが起動する仕組み(次ページの写真4)。2つのOSを同時に起動したり、動的に切り替えたりすることはできず、切り替え時には再起動が必要となる。