PR
写真●GoogleがGoogle+内の公式ページで紹介しているサービスのイメージ
写真●GoogleがGoogle+内の公式ページで紹介しているサービスのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2014年2月28日、検索サービスの強化について発表した。レストランなどを検索する際に、検索結果ページを離れることなく店のメニューを確認できるようにする(写真)。

 新機能は当初、米国ユーザー向けにのみ提供する。レストランなど飲食店をGoogle検索で探す際に、気になる店のメニュー、およびその価格や内容といった情報を検索結果ページのトップで確認できる。「飲み物」「ランチ」「ディナー」などカテゴリーごとにタブで切り替えられる。

 米CNET News.comの報道によると、同機能はWebとモバイルで利用可能。「show me the menu for[レストラン名]」あるいは「what's on the menu at[レストラン名]」とタイプ入力、または音声検索すると、メニュー情報が表示される。米TechCrunchが試したところ、「menu[レストラン名]」だけでは機能しない。また限られた数の飲食店しかメニュー表示に対応していない。Googleは、メニュー関連データのソースを明らかにしていないが、「AllMenus.com」ではないかと同メディアは指摘している。

[発表資料へ]