PR
画面1●Office Graphのマッピング画面
画面1●Office Graphのマッピング画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2014年3月3日、企業向けクラウド型グループウエアサービス「Office 365」の強化計画について発表した。「Office Graph」と呼ぶ新たな構造を導入し、クラウド、ソーシャル、ビッグデータ、機械学習、モバイル機能を組み合わせることで、よりパーソナル化した文脈に基づく体験の提供を実現する、としている(画面1)。

 Office Graphは、常にOffice 365内のコンテンツ、ユーザー間のやりとり、アクティビティストリームを分析し、機械学習技術を利用して相互関係をマッピングする。これにより、各ユーザーと最も関連性の高いコンテンツを高度に結びつけることが可能になるという。たとえば、現在取り組んでいるプロジェクトに関連する情報や、同様のプロジェクトに携わっている従業員を、より効率的に見つけられるようになる。

 同社は、Office Graphを活用した新たなアプリケーションとして「Oslo」(開発コード名)のプレビューを実施した。「SharePoint」「Exchange」「Lync」「Yammer」「Office」における過去の行動にもとづいて、最適な情報や人物を提示する。

 そのほか、Office 365のアプリケーション間にわたって、ユーザー、会話、スケジュール、電子メール、ファイルをグループごとにまとめて管理できる「Groups」機能、「SharePoint Online」や「OneDrive for Business」に保存されているドキュメント内でソーシャルな会話が行えるようにする「Inline Social」、ビデオのアップロード、保存、検索を安全に行い、事業目的別分類やモバイル端末向けストリーム配信を実行するための「Office 365 Video Portal」といった機能の追加も予定している。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]